akiの日記

習慣化ができない人間が100記事書くまで続ける日記

無印良品のダイニングテーブルのレビューを見て購入を見送った話

やっとリフォームの見積もりが決まってきて、落ち着いてきました。

 

 

リフォームついでに壊れたまま使っていた食器棚と、
古くなってぼろぼろのダイニングテーブルも処分することになりました。

 

その際、家具で無印良品の家具大丈夫かなと思うことがあったので、今回はそのお話です。

 

 

食器棚とテーブルはたぶん40年以上使っている年季物です。

 

ダイニングテーブルは気に入っていましたし、
昔の家具はものがいいので、手放すのはちょっと悲しいですが、
母に何度も確認し、最終的に
「修理して使うのではなく、新調したい」という事になりました。

 

食器棚はあとでどうとでもなるとして、

問題はダイニングテーブルです。

探しているのですが、なかなかいいのが見つからない。

 

木材が高騰しているのもあるのか、
いいなと思うようなデザインの4人掛けテーブルと椅子を全部購入すると20万近くなります。

ネットでよさそうなのを見つけても、母が通販で家具を買いたくないとのことで、

このまま行くと、年末年始はダイニングテーブルなしで生活することになりそうです^^;

 

まあ、小さいこたつがあるから、なんとかなるでしょう!

 

 

ニトリ無印良品、東京インテリアなどを見てみましたが、

これだ!というものは高いし、

予算範囲内のものに絞ると、
「これだったらもっとやっすいの買っても対して変わらないんじゃ…」となります。

 

唯一無印に、「これならば!」と思うテーブルがありました。

 

www.muji.com

 

引き出しがいらないんだけど、
値段はウォールナットにしてはお手頃。

シンプルで展示されているものは木目がきれいでした。

 

一応候補にしていたのですが、

帰宅してこのページの下に書かれたレビューを見て、購入は見送りになりました。

 

 

というのも、この商品、レビューが★1だったのです。

 

 

レビューには写真つきで、脚の木材の一部の色が違いすぎることが書かれています。

いやそれ本当にテーブルに使用するようなウォールナットなの?という白さ…。

 

銀座店に展示されている同商品の脚はこんな事はありませんでしたので、

このレビューを書いた方はハズレを引いてしまったことになります…。

 

ウォールナットは色むらが大きいですし、

それがむしろウォールナットが好きな人にはたまらないですよね。

 

他の無印のウォールナットテーブルで、天板と脚の色が違いすぎて脚を交換してもらったとレビューされている方もいるのですが、

そちらは正直、これくらいの色の違いなら、この値段だし、妥当じゃないかな…と思うのですが、

私達が購入を検討した方のテーブルのレビューの方の色味の違いは、
他の家具メーカーなら検品の段階でアウトレット品になるものに見受けられます。

ウォールナットが好きだからこそ、ウォールナット特有の優しいダークブラウンの色を期待してウォールナット商品を購入しているのであって、
その色を全くしていない木材が使用されているとわかっていたら、最初からその商品を購入しないですもんね…。

 

一応無印良品側にも、この脚の色が全く違うレビューについて、

明らかに不良品レベルの色の違いだが、これは返品対象にならないのかを聞いてみました。

 

無印良品の回答は下記のとおりでした。

→色味の違いによる返品の場合は、お客様ご都合による返品にて承っております。

■木製家具の木目・色の個体差について
https://www.muji.net/mt/contact/cmdty_faq/furniture_interior/015439.html

 

バッサリでした。

案内いただいた「木製家具の木目・色の個体差について」のページは、
問い合わせ前に確認してまして、
このページの「木目の色の違い」の具体例の写真、ほとんど色違ってません…。

少なくとも私からすれば、この程度の色むらは安めの天然木の製品を購入するなら当然の範囲内です。

 

いや、ウォールナットテーブルでハズレを引いてしまったレビューの方の商品レベルが無印にとっては商品の通常であるならば、それはそれでいいんですよ。
普通のウォールナットテーブルより安めですし、それ込みでの金額なのでしょう。

 

ただ、注意書きにそのことが書かれてないのはいかがなものかなと思います。

 

注意書きの具体例写真には一般的に許容範囲の写真を使用して、

しかし、実際には通常のメーカーであれば不良品レベルのものも無印では通常商品であるというのは…

私がフリマでこのテーブルを売るとして、
この脚を写真を載せずに取引したら、取引完了時に最低評価をつけられるのは考えなくてもわかります^^;

それを企業がやってしまうのはどうなのかなと思いました。

無印良品の家具は今後気をつけたほうがいいなと、気づかせてくれる良いきっかけになりました。

 

注意書きには一番最低レベルの商品の写真を使用したほうが、

企業としても良心的ですし、購入者も悲しい思いをしないで済むんじゃないかなと思います。

ともかく、

我々はこのレビューのお陰で大きな買い物に失敗することを防げたので、
レビューを書いてくださった方に感謝です。

この方になにか他によいことが起きますように!!

 

 

一応、店舗で現物購入ならいけるかなとも考えていたのですが、

無印の他のウォールナットテーブルのレビューもあまり良くなくて、

特にこちらのテーブルのレビューで「購入して4日で天板がボコボコに」というのを読んで、無印のウォールナットは候補から除外することにしました。

 

 

ということで。
問い合わせてみた感じでは、

無印のウォールナット商品はちょっと気をつけたほうが良いかもしれないぞというお話でした。

 

 

また、ダイニングテーブル探しの旅を続けたいと思います。

気に入った一点が見つかるといいなぁ。