akiの日記

習慣化ができない人間が100記事書くまで続ける日記

女性下着の省スペース化

日本の女性下着は場所をとります。

 

私は下着を吊るす収納に入れてクローゼットにかけているのですが、

以前はブラジャーが場所をとってしょうがありませんでした。

 

形が胸の形に成形されていて、パッドが入っていて、

衣装ケースにしまってもどの衣類よりもかさばる…。

当時の私はそういうものだと違和感すら覚えていませんでした。

 

 

でも、ここ数年、買う下着を変えたことで、下着の省スペース化に成功しました。

 

 

すばり、ノンパテッドのブラを買うと、収納スペースが4分の1以下になります!

 

 

ノンパテッドというのは、聞き慣れない方もいるかも知れませんが、

簡単に言えば、パッドの入っていないブラになります。

 

日本のブラジャーはだいたい盛るためのパッドが入ってますよね。

ノンパテッドブラは、まずそれらのパッドが入っていません。

そして、日本のブラジャーは、カップにスポンジのような厚みがありますが、

ノンパテッドはそのカップの厚みがないものになります。

 

具体的にはこういうものです。

www.zara.com

 

これだと収納時に、パッドとカップの厚みがないので、

全く場所を取りません。

 

 

こちらが先日私が作ったノンパテッドブラ。f:id:thankyou-x:20221013231440j:image

 

畳むとこうなります。

日本の一般的なブラジャーと比較して半分に畳んでしまえます。

この時点で、既に省スペースなのはわかると思いますが、
f:id:thankyou-x:20221013231450j:image

 

横から見てもらうともっとわかりやすいです。

右がマウス、左がノンパテッドブラです。
f:id:thankyou-x:20221013231711j:image

 

これだと、吊るす収納の靴下収納用のポケットに入ります。

 

私はワイヤーが苦手なので、

つけるのはもっぱらノンワイヤーのノンパテッドブラですが、

ノンワイヤーだともっと小さくなります。

クシャってなっていると、ゴミかな?

と思われるくらい小さいです。

ものすごく省スペース!

 

 

ただ、一つご注意いただきたいのは、

胸が大きいグラマスサイズの方は

ノンパテッドブラはホールド力0なのでおすすめしません。

おそらく肩が凝りますし、

クーパー靭帯に負荷がかかります。

 

あくまでも胸が小さい人向けの下着の省スペース化案とお考えください。

胸が小さい方でも、

ノンパテッドブラはクーパー靭帯を保護するホールド力がないので、

胸が垂れる可能性がないとは言えないので、そこだけ自己責任でお願いします。

 

私は今のところ胸の位置がちょっと下がった気がしますが、

年齢もあるから「まあこんなもんだろ」くらいの感覚です。

むしろ寄せてあげてと言うのは自分を違うものにしようと必死になっている感じがして、私はなんとなく嫌なんですよね。

今しばらくは年齢なりの自然な自分を楽しみたいと思ってます。

 

 

 

ノンパテッドブラはヨーロッパなどでは一般的らしいのですが、

日本ではまだ浸透していなくて、なかなか売ってません。

売っていてもリバーレースなど高級な素材を使っていることが多く、

1万円を超えるものが多いです。

 

私は下着1着に1万円を掛けられる経済力がないので、

現在はZARAの通販サイトで購入しています。

ZARAだと、5,000円くらいで購入できます。

 

先日、ユニクロからプリンセスタムタムコラボのノンパテッドブラが発売されているのを見て、感動しました。

やっと日本でも受け入れられるようになってきたんでしょうか。

 

 

ノンパテッドブラはデザインがかっこいい、大人っぽい、美しいものが多くて、

ランジェリー好きはたまらない魅力があります。

なのに、日本でノンパテッドが普及しない理由の1番は、

 

そんなペラペラじゃ乳首の形が浮くんじゃん!

 

ということじゃないかと、私は勝手に思ってるんですが、どうでしょうか。

 

 

 

ですが、意外と浮きませんので、気になっている方は是非試してみてほしいです。

 

私もこれが怖くて長い間試せなかったのですが、

試してみたら意外と大丈夫でした。

 

ノンパテッドを試してみたい方は、

冬にまずチャレンジしてみるといいと思います。

 

冬はヒートテックのようなインナーを着て、

セーターのような厚着をする事が多いと思うので、

そういう日にノンパテッドブラをつけてみてください。

まず乳首云々の心配はないと思います。

 

冬で勇気を得たら、春のちょっとずつ薄着になる時期もチャレンジしてみて、

最終的に夏服でもいけるか検討してみるといいと思います。

 

私の場合、夏服もTシャツなどしか着ないので、全く問題ないです。

むしろパデッドブラをつけていた頃のほうが、レースの形が服に浮いてた気がします。

 

薄手のワンピースや色の薄い服などを着る時は、

1枚インナーのキャミソールを着てから服を着てます。

一番透けないのはグレーだと思います。

 

乳首浮きをする可能性があるとすると、

  • 胸が大きい。
  • ボディラインにピッタリする服が好き。
  • 薄手の生地の服が好き。
  • 乳首が硬めで、凹凸がでやすい。

に該当する方でしょうか。

個人差があると思うので、

最初はZARAなどの安めのもので試すことをおすすめします。

 

 

 

ノンパテッドブラにしてから、収納がスッキリして気分爽快になったので、

下着のかさばりを解消したい方は、

ノンパテッドブラを是非試してみていただきたいです。

ダイケンの新宿ショールームに行ってきました

リフォームにあたり、床はダイケンになったのでショールームに行ってみました。

新宿のビルの7階にありました。

 

私は代々木駅から歩きましたが、5分くらいです。

新宿駅からも10分以内のようです。 

私は新宿、渋谷駅が苦手で、新宿駅内を迷う時間の方が長そうなので敢えて代々木から行きました。

 

先に謝っておきます。

記事に書くことを考えていなくて、

記事用の全体がわかる写真を撮ってませんでした! 

 

でも帰ってきてから、

ショールームがどんな感じで、どこのショールームでどんなものを見られるのか調べてる人もいるかもしれないなと思ったので、

書いておこうと思いつきました。

 

 

 

さて、ダイケンの新宿ショールームですが、

ここはダイケンだけでなく

TOTOYKKとのコラボショールームです。

なので、家全部リフォームする方や新しく家を建てる方は、ここで水回り、床、建具、窓、扉をトータルで見ることができます。

ダイケンの床の上にTOTOのキッチンが置いてある展示なんかもあるので、

結構参考になると思います。

 

うちの場合はキッチンはLIXIL

窓は今回リフォーム対象外なので、

ダイケンさんのみの見学をしました。

 

 

 

見学だけなら予約なしでも見られますが、

お店の方に相談しながら見たい場合は予約が必要です。

また、予約がないと、混雑している場合は待つ可能性もあるとのことでした。

 

ちなみに、11月の土曜の午後と、祝日の午前中、

2回行きましたが、待たされることはなかったです。

混雑もそんなにしていなくて、じっくり見られました。

 

 

ダイケンのスペースはこんな感じで

実際の部屋のイメージ展示がいくつかと、f:id:thankyou-x:20221125163409j:image

 

床と建具の見本スペースがあります。 

フローリングごとに1畳くらいずつ見本が敷かれていて、ドア見本と合わせてみることができます。
f:id:thankyou-x:20221125164532j:image f:id:thankyou-x:20221125163447j:image

 

床は商品名が書いてあります。
f:id:thankyou-x:20221125163531j:image

ドアはあらゆる色や形が展示されてます。
f:id:thankyou-x:20221125163613j:image

 

床板サンプルもたくさんあるので、それをお借りして建具と合わせてみたりもできます。
f:id:thankyou-x:20221125170141j:image

 

ショールームの方も親切で、一人で見ていたら「なにかお探しですか?」

など声を掛けてくれました。

 

感染対策で、持ち帰れるカタログは欲しいと申し出ると裏から出してきてくれる方式でした。

 

 

 

 

 

最初は母が新宿まで行きたくないとのことで、

床材サンプル本だけで床を決めようとしていたのですが、

でも床や壁は小さいサンプルを見て選んでも、実際のサイズにしてみると

「あれ?薄くない?」

てなるんですよね。

それに大きい面積に置いたときの木目の表情も小さいサンプルじゃわからないですし。

絶対に実物を見た方がいいと思いました。

お高い買い物だから、なおさらに。

 

 

ショールームに行ってみたことで、

写真と実物はまた色が違うなということと、

光の加減でどう色が変わるのかはサンプルからじゃわからないんだなとわかったので、

行ってみて本当に良かったです。

 

 

また、床材は特になんですけど、

手触りって重要ですね。

安い床材とちょっとグレードの高い床材では色が全然違いました。

 

とはいえうちは安い床材にすることにしたんですけども。笑。

 

 

以上、ダイケン新宿ショールームのレポートでした!

 

 

 

 

 

無印良品のダイニングテーブルのレビューを見て購入を見送った話

やっとリフォームの見積もりが決まってきて、落ち着いてきました。

 

 

リフォームついでに壊れたまま使っていた食器棚と、
古くなってぼろぼろのダイニングテーブルも処分することになりました。

 

その際、家具で無印良品の家具大丈夫かなと思うことがあったので、今回はそのお話です。

 

 

食器棚とテーブルはたぶん40年以上使っている年季物です。

 

ダイニングテーブルは気に入っていましたし、
昔の家具はものがいいので、手放すのはちょっと悲しいですが、
母に何度も確認し、最終的に
「修理して使うのではなく、新調したい」という事になりました。

 

食器棚はあとでどうとでもなるとして、

問題はダイニングテーブルです。

探しているのですが、なかなかいいのが見つからない。

 

木材が高騰しているのもあるのか、
いいなと思うようなデザインの4人掛けテーブルと椅子を全部購入すると20万近くなります。

ネットでよさそうなのを見つけても、母が通販で家具を買いたくないとのことで、

このまま行くと、年末年始はダイニングテーブルなしで生活することになりそうです^^;

 

まあ、小さいこたつがあるから、なんとかなるでしょう!

 

 

ニトリ無印良品、東京インテリアなどを見てみましたが、

これだ!というものは高いし、

予算範囲内のものに絞ると、
「これだったらもっとやっすいの買っても対して変わらないんじゃ…」となります。

 

唯一無印に、「これならば!」と思うテーブルがありました。

 

www.muji.com

 

引き出しがいらないんだけど、
値段はウォールナットにしてはお手頃。

シンプルで展示されているものは木目がきれいでした。

 

一応候補にしていたのですが、

帰宅してこのページの下に書かれたレビューを見て、購入は見送りになりました。

 

 

というのも、この商品、レビューが★1だったのです。

 

 

レビューには写真つきで、脚の木材の一部の色が違いすぎることが書かれています。

いやそれ本当にテーブルに使用するようなウォールナットなの?という白さ…。

 

銀座店に展示されている同商品の脚はこんな事はありませんでしたので、

このレビューを書いた方はハズレを引いてしまったことになります…。

 

ウォールナットは色むらが大きいですし、

それがむしろウォールナットが好きな人にはたまらないですよね。

 

他の無印のウォールナットテーブルで、天板と脚の色が違いすぎて脚を交換してもらったとレビューされている方もいるのですが、

そちらは正直、これくらいの色の違いなら、この値段だし、妥当じゃないかな…と思うのですが、

私達が購入を検討した方のテーブルのレビューの方の色味の違いは、
他の家具メーカーなら検品の段階でアウトレット品になるものに見受けられます。

ウォールナットが好きだからこそ、ウォールナット特有の優しいダークブラウンの色を期待してウォールナット商品を購入しているのであって、
その色を全くしていない木材が使用されているとわかっていたら、最初からその商品を購入しないですもんね…。

 

一応無印良品側にも、この脚の色が全く違うレビューについて、

明らかに不良品レベルの色の違いだが、これは返品対象にならないのかを聞いてみました。

 

無印良品の回答は下記のとおりでした。

→色味の違いによる返品の場合は、お客様ご都合による返品にて承っております。

■木製家具の木目・色の個体差について
https://www.muji.net/mt/contact/cmdty_faq/furniture_interior/015439.html

 

バッサリでした。

案内いただいた「木製家具の木目・色の個体差について」のページは、
問い合わせ前に確認してまして、
このページの「木目の色の違い」の具体例の写真、ほとんど色違ってません…。

少なくとも私からすれば、この程度の色むらは安めの天然木の製品を購入するなら当然の範囲内です。

 

いや、ウォールナットテーブルでハズレを引いてしまったレビューの方の商品レベルが無印にとっては商品の通常であるならば、それはそれでいいんですよ。
普通のウォールナットテーブルより安めですし、それ込みでの金額なのでしょう。

 

ただ、注意書きにそのことが書かれてないのはいかがなものかなと思います。

 

注意書きの具体例写真には一般的に許容範囲の写真を使用して、

しかし、実際には通常のメーカーであれば不良品レベルのものも無印では通常商品であるというのは…

私がフリマでこのテーブルを売るとして、
この脚を写真を載せずに取引したら、取引完了時に最低評価をつけられるのは考えなくてもわかります^^;

それを企業がやってしまうのはどうなのかなと思いました。

無印良品の家具は今後気をつけたほうがいいなと、気づかせてくれる良いきっかけになりました。

 

注意書きには一番最低レベルの商品の写真を使用したほうが、

企業としても良心的ですし、購入者も悲しい思いをしないで済むんじゃないかなと思います。

ともかく、

我々はこのレビューのお陰で大きな買い物に失敗することを防げたので、
レビューを書いてくださった方に感謝です。

この方になにか他によいことが起きますように!!

 

 

一応、店舗で現物購入ならいけるかなとも考えていたのですが、

無印の他のウォールナットテーブルのレビューもあまり良くなくて、

特にこちらのテーブルのレビューで「購入して4日で天板がボコボコに」というのを読んで、無印のウォールナットは候補から除外することにしました。

 

 

ということで。
問い合わせてみた感じでは、

無印のウォールナット商品はちょっと気をつけたほうが良いかもしれないぞというお話でした。

 

 

また、ダイニングテーブル探しの旅を続けたいと思います。

気に入った一点が見つかるといいなぁ。

 

 

 

 

 

 

旅行の荷物を過去最高にミニマムにした話

先日の奈良旅行での旅行の荷物。

過去最高にミニマムにしてみました。

 

2泊3日で持っていったのがこちら。
f:id:thankyou-x:20221103213845j:image

 

トップス、靴下、ショーツが1つずつ。これを無印の巾着に入れました。
f:id:thankyou-x:20221103213947j:image f:id:thankyou-x:20221103214018j:image

 

ポーチにマスク、アイシャドウ、アイライナー、アイブロウ、ワセリン。
f:id:thankyou-x:20221103214048j:image

 

バッグインバッグに日焼け止め、ハンカチ、エコバッグ、薬、充電コード、アダプター、ティッシュ、塩飴を入れました。

塩飴は夏に買ったものの残りです。

私は旅でとにかく歩くので、途中で周囲に住宅しかない場所で空腹で倒れかけたことがあり、いつも一人旅で食料を多少携帯している名残です。遭難したとき役に立つ…じゃない?笑。

f:id:thankyou-x:20221103214123j:image


インナーダウン。
f:id:thankyou-x:20221103214200j:image

 

折りたたみ傘と傘ケース。
f:id:thankyou-x:20221103214221j:image

財布。小銭用とそれ以外用。
f:id:thankyou-x:20221103214245j:image

水筒。

水は、2泊以上する場合、現地で2Lの水をペットボトルで買ってホテルに置いておき、水筒に入れて持ち歩くスタイルにしてます。
f:id:thankyou-x:20221103213912j:image

 

あとはチケットケースにワクチン接種券を入れて持っていきました。

スマホで証明書も出しておきましたが、

ワクチン接種が条件で宿代が安くなるキャンペーンで行ったので、

これが認められなかった場合料金が変わるしなと思って現物も持っていきました。

 

実際にはスマホで証明書を提示しただけで認めてもらえました。

 

 

 

基本的にはこれで事足りました。

昔から旅行荷物は少ない方でしたが、カメラとか、御朱印帳とか、服ももう少し持って行ってました。

ここまで減らすと、現地ついてホテルに一旦荷物を預けに行く必要もなくて、

フットワーク軽く動けます。

軽いと疲れにくくなりますしね!

次もこれくらいで旅にでたいと思います。

 

 

ただ、反省点としては3つ。

 

1つは部屋に石鹸が付いてるはずと思っていたら、ハンドソープしかなかったこと。

 

私は石鹸で落ちる化粧をしてるので、

石鹸があれば顔体髪全部洗えるのですが、

肝心の石鹸が部屋になかったのです。

代わりにハンドソープが置かれてました。

 

でもハンドソープってだいたいのものは、余計な成分がいろいろ入ってます。

これはやばいかもしれない…と思いつつ、

ハンドソープで全部洗いましたが…

 

帰ってきてから顔にぶつぶつができ、

首の皮膚が炎症を起こしました(^_^;)

 

まあこれは仕方ない。

次からは石鹸持っていきます!

 

 

 

 

2つめは、

洗濯ネットを忘れました。

 

洗濯物の保護もありますし、

コインランドリーの出し入れが楽なのもありますが、

中身が見えづらくなりますし、

ホテルのコインランドリーに万が一下着の忘れ物をしたら恥ずかしいです。

洗濯ネットに入れてしまえば忘れ物はしませんし、女性は中身が見えて盗難にあったりもし辛いです。

 

旅行先でコインランドリーを使う場合、洗濯ネット必須かなと思います。

女性は特に。

 

 

3つめは、

ブラももう1枚持っていくべきだった。

 

ブラはノンワイヤーノンパテッドのものなのですぐ乾くし、当日着ていく1つでいいか!

と思って持っていきませんでした。

(ショーツはブルーデーとかぶりそうだったので1枚持っていきました)

 

しかし、よく考えたら、

コインランドリーに行くのにブラをつけなかったら部屋から出られないじゃん!

 

着込めば出られますけど、

いやでも気持ち的にはちょっと無理。

 

ということで、トップス、インナー、靴下、ショーツと全部手洗いで洗って、

コインランドリーに行き、それらを乾燥機に入れ、

さらに乾燥終わってそれらを回収してから、

帰ってきてからブラだけまた手洗いして、部屋で自然乾燥させました。

 

め、めんどくさい。

 

夜は早めにホテルに帰ってきたから良かったですが、

夜遅くになっていたら疲れて洗濯にそんなに時間使っていたら次の日朝起きられないとか弊害が出そうです。

 

次は絶対変えは1つ持っていくことにします。

 

 

 

困ったのはこれくらいでしたね。

 

 

荷物が少ないと荷造りも楽ですが、荷解きも楽です。

家に帰宅して、服などは洗濯してあるので仕舞って、

傘、バックインバッグはいつもリュックに入っているものなのでそのまま。

 

ダウンと、化粧品を元の位置に戻せば、

あとはお土産と現地でもらった案内のリーフレットなどを整理して終わりです。

 

 

すぐに日常に戻れるので、

旅がもっとフットワーク軽く行けるように感じました。

 

とはいえ、現在節約中なので、

そんなバンバンは行けませんけど。

気持ちはいつでもすぐ、スーパーに行くくらいの気軽さで旅に出られちゃいますね。

 

 

 

次は年明けに仙台、春に日光に行きたいです。

行くかどうかはまだわかりませんが、

もし行くことになったら、その時は真冬と春の荷物をまた実験してみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらしをバスタオルにしてみた

さらしデビューしました。
f:id:thankyou-x:20221119234331j:image

 

楽天でお安いけど質の良さそうなものを買ってみました。

10m で1430円の玉川晒。

 

 

なんのために買ったかというと、

バスタオルをさらしにできないかと思ったためです。

バスタオルってすぐ臭いがするようになったり、

黒ずんだりするのがとても嫌なんですよね。

あと、冬は乾かない。

うちは乾燥機がないので、天日干しです。

雨が続いたりするとなかなか乾かない。

そうすると臭いがするようになるし、黒くなります。

 

さらしは吸水性が高いのでタオルとして使えて、

速乾性が高いので清潔に保ちやすいと聞いて試してみたいと思ってました。

 

他にも、机や棚を拭くのを、

今はウエスか、ティッシュか、床を吹くシートでやっているのですが、

さらしで拭けば、使い捨てでなく雑巾として使えるかなと思ったのもあります。

 

そして、キッチンの手を拭くタオルを

母が新調しようとしていたこともあり、

キッチンのタオルもさらしを試してみようとも思いました。

 

というわけで、

早速バスタオルとキッチンのフェイスタオルを作りました。

 

と言っても、

140cmの長さで切っただけです。笑。

 

 

端を処理してもよかったのですが、

処理しないほうが乾きが早く、

さらしの利点を活かせるとのことだったので、

切りっぱなしで使ってみて、どうしてもほつれが嫌なら後から端処理すればいいと、

切りっぱなしからスタート。

 

 

これが、めちゃくちゃよい!

 

あんなに薄いのにバスタオルとして使っても、

ちゃんと全身と髪を拭けます。

私はショートヘアだから、ロングの人は140cm一枚だともしかすると足りないかも?

ショートヘアなら140でちゃんとバスタオルとして使えます。

 

初回はちょっと足りないかなと思ったのですが

洗濯したら吸水性が増して、

140cmもいらなかったかもと思い始めてます。

 

使い心地は人によってはタオルがいいというかもしれませんが、

私はさらしの方が好き。

思っていたほどがさがさせず、綿のあたたかみがあります。

そしてタオルと違ってさらしはべちょっしないので、ただ水分がさっと持ってかれる感覚が気持ちいい。

 

速乾性も薄いから当たり前ですが、すぐ乾きます。

冬の雨の日でも乾いてくれるので、2枚あればローテーションできます。

すぐ乾くから臭いや黒くなるのも今のところ大丈夫そう。

定期的に熱湯+酵素系漂白剤で洗ってやることで常に清潔に保てるそうですが、こんな乾くの早かったら必要かな?というくらいの速乾性です。

 

それから、もう一つ思わぬメリットがありました。

 

かさばらないので、収納に場所を取らない!

タオルだと嵩張りますが、さらしはハンカチくらいの厚みにしかならないので、収納が減ります。

これはすごくありがたい。

 

デメリットは

  • 切りっぱなしの端っこがなんとなくみすぼらしい
  • ただの真っ白だから見た目は楽しくない

 

この2つくらいでしょうか。

端は処理するのがめんどくさいし、誰に見せるものでもないので私にとってはデメリットといえるデメリットではないかなといったところです。

 

 

 

キッチンの手を拭くタオルとしてですが、

これも最高でした。

最初140cmで使ってましたが、そんなにいらないということで、半分の70cmで今は使ってます。

普通のフェイスタオルくらいの長さです。

 

 

キッチンタオルも臭くなってしまいやすかったのですが、

さらしは朝使って、昼にまた使うときにはカラッと乾いているので臭くなる心配は今のところなさそうです。

こちらも定期的に酵素系漂白剤で洗えば清潔ですしね。

 

前は使うときに濡れてる時があったのが、

使うたびにカラッとした感触で水を吸ってくれるので、

私はさらしの魅力の虜になってしまいました。

 

母にもさらしの感想を聞いてみましたが、

悪くないとのことでした。

今のところ使ってくれているので、気に入ってくれたみたいです。

 

見た目はテンション上がるものではないですが、

使い心地の良さを何度も経験していくと、

この真っ白で素朴な見た目もなんだか愛おしくなってきます。

 

まだ雑巾は試してません。

雑巾って洗ったものをどこに干すか、干したのをどこに保管するかの扱いが中々難しいんですよね。

今はリフォームの方に時間を使いたいので、

一旦考えるのを放棄してます。

 

 

この吸水性なら、台拭きとしても、食器用布巾にも、浴室の拭き上げ、ラップがわり、料理の漉し器、フェイスタオル、端処理すればハンカチにも…使えそうです。

 

台拭き、食器用布巾、浴室の拭き上げ用布巾はまだ他のものを買ったばかりなので、

出番は当分先になりますが、

食器用布巾で試してみた感じでは使用感は上々でした。

 

 

お試しで買ってみたものでしたが、

まさかさらしがこれだけの用途に使える可能性を秘めているものだとは思いませんでした。

10mで1430円。

1m143円。

無印のフェイスタオルよりやすいですね。

 

なにより私は使用感が好きでしょうがないです。

まだフェイスタオルサイズのバスタオルが2枚あるのですが、

はやくさらしに全面移行したいです。

 

 

というわけで、

さらしはコスパ最強でめちゃくちゃ使えるぞ!

というお話でした。

 

興味あったけど、なかなか一歩が踏み出せなかった方は、ぜひ試してみて欲しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見た目のイメージより美味しかった富士山みたいな柿

ご無沙汰しております。

リフォームの床と壁とドアで頭を悩ませて更新サボってます。

 

 

今日は美味しい柿を発見したのでご報告です。

 

こちら
f:id:thankyou-x:20221118213039j:image
富士柿。

 

富士山みたいな形をしてるからこの名前なんだそうです。

f:id:thankyou-x:20221118213046j:image

写真が下手過ぎて丸くなってますが、

先が尖ってて、山型の形をしてます。 

 

一つ300円くらいします。

私は2つで500円の少し安めのものを買いました。

それでも高い。

普通の種無し柿なら98円のときありますもんね。

 

でも大きさは普通の柿の1.5倍はあります。

剥いてる時はりんごくらいあるなと思いました。

 

 

高いから美味しんではないかと買ってみたのですが、

これがすごかった。

 

 

 

いやーやばい柿見つけちまった!

と大興奮でした。

 

 

食感がまず、柔らかいけどかぶりつくとしゃくっと音がする小気味いい食感。

私はぐちゃぐちゃに熟れた柿推し派ですが、

この食感はすぐに虜になりました。

 

98円の柿よりもジューシーです。

肉感はマンゴーに似てると私は思いました。

とろみがあって、柿にしては水分が多め。

でも齧るとしゃくっとする。

なんだこれは…すごい。

 

そして味はとても甘い!

柿の風味としてはそこまで強くはありませんが、

(やすいの買ったからかもしれません)

思わず笑顔になる優しい甘み😊

 

98円の柿も甘いものは甘いですが、

ジューシーさが富士柿のほうが強いことと、

甘みの種類が、もっと優しいです。

そして渋さが全くない。

甘すぎず、いくらでも食べられちゃいそう。

黒糖みたいなほんわりした甘み。

 

これは美味しい!

 

柿はありとあらゆる種類が出ていて、買うときに迷いますが、

ちょっと高くても富士柿は試して見る価値はあると思います。

 

 

 

ここのところどんより暮らしていたので、

美味しい果物ですこし幸せな気分になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カビ退治と名誉の負傷

カビホワイトという洗剤を使ってカビ撃退したら、

手について、それに気づかずにその手で目を擦ってしまい、

ひどい目に会いました〜!

 

幸いちょっとだったので無事でしたが。

 

最初気づいてなくて、目が痛いなーと思ってたんですが、

夜お風呂入ったときに

手が一箇所爛れていることに気づき、なんとなく手首もひりひりして痛い。

 

あれ、この手でめちゃくちゃ目を擦ったような…

 

それじゃあこの目の痛みはまさか…

 

と、気付いて血の気が引きました。

 

 

調べたらカビキラー系の溶剤ってアルカリ性なんですね。

てっきり酸性だと思っていてちょっと痛いくらいなら大丈夫だろうと舐めておりました。

アルカリ性ってことは目がじわじわ溶けてる可能性あるんじゃ…

 

昔見た医療系の海外ドラマで、

患者さんがアルカリ性の何かを接種してしまってじわじわ内蔵が溶けていってるというのをちらっと見たことがあって、

それがチラついてしまって超怖かったです。

 

さすがにカビキラーが入ったわけじゃなく、

カビキラーがついた手で目を擦っただけで、そこまでタンパク質溶けないだろとは思ったものの、

2日経っても目が痛いので念の為に眼科に行って見てもらいました。

 

先生が丁寧に両目を見てくれて、

傷ができてるけど治る程度だから大丈夫とのことでした。

ほっとしました。

 

 

皆様もカビキラーが目に入ったら、速攻目を洗って、病院に行ってください。

 

 

 

カビホワイトなんですが、

乾くと無害になるとのことで使ってみたのですが、

とても威力があってよかったです。

ちょっと吹きかけて、15分でほぼ真っ白になりました。

 

ただ液垂れしやすくて、

その割には一吹きではうまく霧散しないので掛からない箇所ができてしまうため、

コツが必要でした。

 

私は満遍なくかけるために、何回かスプレーしてしまい、

結果的に液垂れしてしまって拭き取っても溶液が乾かず、

四日ほどは塩素臭がしました。

なので寒くても四日間ずっと換気して、サーキュレーターで乾燥させました。

 

まだ窓開けても過ごせる気候だったことと、

ここ数日は天気が良くて乾燥させるのに適した天気だったことは幸いでした。

12月や、雨の多い時期にやっていたら、大変なことになっていたと思います。

 

なので、初めて使うとしたら5月、10月の気候のいい時期がいいかもしれません。

長時間換気できない季節は絶対に使用は避けたほうがいいです。

 

 

あと、使い方の紙がついてきますが、

本体の後ろにも注意事項が書かれているので、

両方読んでから使ってください。

 

私は目が痛いのに気づいてから

成分を調べるのに本体裏を見て、

そこに「使用時はゴーグルつけてね」的なことが書かれていて

いやそういうのは使い方の方にも書いておけよ〜!!

とツッコんでしまいました。

 

 

 

以上、カビ退治のご報告でした。

 

 

 

 

 

さて、話は変わってちょっとここのところ無気力です!

できていたことが何もできなくなってしまいました。

 

 

 

 

一度は私が実家を出ていくことで話がついたはずなのに、

紆余曲折ありどうやら母は

私が出ていく話がなくなったと思っているようで…

どう切り出すのがいいかわからなくて、

ちょっと悶々としています。

 

 

ずっと我慢してきましたが、

矛盾に次ぐ矛盾発言に振り回されて、

先日またいってることがめちゃくちゃな自体に遭遇し、

その時に私の中で「あ、この人と話し合いは無理だし、このまま一生わけわからない言動に付き合うのも無理だわ」とばっさり自分の中でシャッターが閉じた音が聞こえたのでした。

 

私は筋の通ってないことを言う人が一番嫌いなんですよね。

約束したことを破って謝らない人とか、

言ったことを簡単に覆して謝らない人とか、

そういう人は信用できないんです。

母の場合は私が子供の頃から論理的に物事が考えられない人なので、

筋が通ってないことを自分が言っていることに無自覚なんだと思うので、悪気はないんでしょうけど。

 

 

シャッターが降りちゃった以上は、

親だからしょうがないと今まで我慢してきたものが

これからは必要以上に我慢したり優しくはできないし、

距離を取らないと、たぶん関係が悪くなるだろうなと考えました。

 

距離がある方がお互いに優しくなれますしね。

 

 

 

 

もうちょっと休んだら、また日常を頑張ります。