akiの日記

習慣化ができない人間が100記事書くまで続ける日記

吊るす収納にこだわるのはやめることにした

去年の夏くらいから物を減らし始めて、

最初は13個あった衣装ケースを2つまで減らしました。

 

サイズは押入れ用の長いやつなので、なくなって本当にスッキリしました。

13個も中身がぎゅうぎゅうになるくらい色んな物が詰まっていて、

年に2回くらい、防虫剤や除湿剤を交換したりするのも面倒なら、

ほこりが貯まるのを掃除するのも面倒だったのから開放されました。

 

大きい衣装ケースは、

大きすぎるが故に中身を1つのもので統一するのが難しく、

結果色んなものをごちゃごちゃ入れることになりますね。

手芸用品と画材とか、PC周辺機器と文房具、みたいにジャンルの違うものを

ひとつにまとめて保管することが多くて、

結果的にPC周辺機器が増えると文房具の入っている場所まで侵食したりして、

整理が難しい収納用品だなと思いました。

 

次にもし衣装ケースを買うことがあるなら、

無印などで売っている、奥行きが65cmくらいのものが良いだろうなと思ってます。

 

 

さて、残った2つの衣装ケースですが、

元々押入れだったクローゼットに入れてます。

1つは手芸用品が入っていて、これは最初から残す予定でした。

 

問題はもう1つ。

中身は

  • 仕舞う場所がないもの
  • パジャマ
  • タオル
  • 断捨離予定のものの一時保管

として雑多に使用してます。

クローゼットの中がごちゃごちゃしている感じがストレスだったこともあり、

サイズのわりにスカスカなこの衣装ケースをどうにかして手放したくて、

中のものを無駄に吊るす収納に収納したり試行錯誤していました。

 

でもどうしても全部を吊るすことはできない。

アクセサリーなども置くところがないので、この衣装ケース内に入れてます。

旅行用の小物、ハードディスク、診察券などもここ。

現実的にこれらを吊るすとなると、吊るす収納を買い足す必要がありそうでした。

 

 

でも、私は服を結構持っていて、

クローゼットは既に結構満杯です。

 

服を数えたら、下着やスカーフ、ベルト、パジャマなどを除いて、

全部で39着ありました。

お、多い…。

そりゃごちゃごちゃしているわけです。

 

あったかインナーやスカーフもハンガーで掛けてますし、

下着、靴下もこういう感じのを2つに分けて収納しています。

item.rakuten.co.jp

 

すでに吊るしているものが多すぎるのに、

これ以上吊るすのもな。

服を数年掛けて減らしていった後で、

衣装ケースの中身を吊るす収納に移行するか…等、結構長い期間悩んでました。

 

 

でもある日、

衣装ケースの方がスカスカになのを見て、

頭の中にジョースター卿が囁いたんですよ。

 

逆に考えるんだ。

「吊るさなくったっていいさ」と考えるんだ。って。

 

 

衣装ケースの中身を無理に吊るして衣装ケースを断捨離するより、

吊るす収納の1つの中身を衣装ケースに移して、

吊るす収納の方を断捨離しちゃえばいいじゃんと、思いついたんです。

 

まず衣装ケースから断捨離予定のものを

ダンボールに移して別保管することにしました。

そんなにないので、60センチのダンボールです。

 

次に吊るす収納に入れていたうち、

今年の冬着なかったら処分してもいいなと思っているインナーや靴下、

アウトドア用のレギンスなど普段使わないものを衣装ケースに収納。

これで吊るす収納の1つを断捨離しました。

 

他にも、

クローゼットに吊るしてあった

お弁当用バッグを衣装ケースに移動。

ランジェリーのサンプル等も、

スーツケースの生地類と一緒に収納してしまったりして、

なるべく服以外は吊るさないクローゼットにすることにしました。

 

 

そうしたらクローゼットがかなりスッキリしました。

私がクローゼットをごちゃごちゃしていると感じていたのは、

物を吊るしすぎていたからだったのだと、この時やっと気づきました。

 

 

衣装ケースの中は、種類の違うものが入り乱れる事になりましたが、

手前をアクセサリー、PC周辺機器、カード類、

奥を衣服類にしたので、

使用頻度の高いものは手前だけで完結します。

 

クローゼットを開けた時に、常に視界に入るわけではないので、

そんなにストレスになりません。

 

 

一旦はこれでいいじゃん!

 

 

吊るすこと、衣装ケースを手放すことに拘りすぎていて、

スッキリ暮らしたいという肝心な部分を見失っていました。

 

 

インナー類、靴下類は1年間の最適なもの、数をまだ試行錯誤中なので、

これから数を減らしていく過程です。

 

なので1年後にはおそらく衣装ケース内のインナー類はなくなって、

吊るす収納1つに収まる数になっていると思います。

 

クローゼット内の服も、全部1軍服なので手放すのが難しいですが、

数年掛けて30着くらいにする予定です。

そうなったとき、今度こそ

衣装ケースの中身を吊るして収納するか、

衣装ケースを手放すか、をもう一度考えたいと思います。

 

 

 

断捨離したいものに拘りすぎると、

自分の快不快の感覚を忘れてしまうこともあるのだなと気づいた1件でした。

 

 

持ち物をミニマムにしていくのは、

自分が快適に生活できるようにするためなので、

これからは「これは手放したい」に固執するのではなく、

どういう状態が今の自分にとって最適かを考えながら

断捨離を進めていこうと思います。