akiの日記

習慣化ができない人間が100記事書くまで続ける日記

素材を変えたら最近ご飯が美味しくなった

最近ご飯が美味しいです。

料理は母の担当なので、まずは母に感謝です。

 

ただ、母の腕ももちろんあるんですが、

母が病気になってから、

健康のために極力素材が良いものを使うようになりました。

そうしたら味が格段に変わったんです!

 

 

最初は調味料。

添加物の使ってないものをなるべく買うようにしました。

特に味噌。

無添加の美味しいのに変えたら、それだけで味噌汁が美味しくなりました。

 

それから、魚。

近くのスーパーの魚が美味しくないので、

美味しい魚を売っているお店を探しました。

幸い駅の魚屋は新鮮で美味しいので、そこのを買うようになりました。

 

米。

ふるさと納税で「つや姫」を買ってみました。

毎月1キロ配送してくれるのですが、これが食べたことない米の味がする!

ミルクみたいな風味があって美味しかったです。

毎年色んなブランドの米を買っていくのもいいかもしれませんね。

 

豆腐。

豆腐はスーパーの普通の豆腐でも基本的に添加物は入ってないですが、

これも駅近くの豆腐屋さんで買うようになったら、

味がぜんぜん違う!

今まで私たちは何を食べていたんだ…?

というくらい大豆の風味がして美味しいです。

ここで売っている油揚げも、

今まで食べていた油揚げと味も風味も食感も全く別物でした。

 

 

最後は水。

母に納得してもらい、

水をペットボトルのミネラルウォーターからブリタの浄水ポットに変えました。

料理は今まで水道水を使っていたのを、

ブリタに変えたタイミングで、料理の水もブリタを使ってもらうことにしました。

 

煮物などはどれくらい使ってくれているかは把握してませんが、

味噌汁と米は使ってくれていて、

そうしたら味が全く変わりました。

 

味噌汁は、私は好きな具材以外はそんなに好きではなかったのですが、

水を変えてからは、どんな具材でも美味しく感じます。

 

水だけでこんなに違うと思ってませんでしたが、

よく考えたら、

美味しい水で作ったコーヒーは美味しいって言いますもんね。

 

毎日ご飯が美味しくて、

夕飯を食べると毎日幸せになるって、すごいことだなと、改めて噛み締めてます。

 

 

 

コストについては、

米はふるさと納税ですし、水はミネラルウォーターより安くなりました。

魚と豆腐は、安物を買うよりは値はしますが、

セール品を買うことで値段を押さえてます。

魚は肉より高いですが、豆腐は市販品とそこまで大きな差はないです。

 

調味料だけは高くなるのはどうしようもないですが、

これは美味しさ以前に、

ぶどう糖果糖液糖、たんぱく加水分解物などが入ってないものを選ぶのは

健康のための最低限の自衛なので、

ここに払うコストは仕方ないと割り切ってます。

 

 

というわけで、

素材の良いものにするだけで

毎日の食卓のグレードがものすごくアップするという話でした。